有馬温泉 『中の坊 瑞苑』 その1。

最近、更新が滞り気味です(ノ∀`)
ネタがないわけではないんだけどね・・・
時間も全然ないってわけでもないけど、ゆっくりする時間は少ないかな・・・
ROの1dayが1枚、今月末で切れるんだけど、使おう使おうと思っているうちに日が経ってしまった(´・ω・`)
30日に突っ込んで、12/1に遊ぼうかな・・・
30日は準夜勤だし(ノ∀`)


先週、有馬温泉に1泊2日で行ってきました!
2周年の結婚記念日旅行です(゜∀゜)
有馬は実家の近くなので、子どもの頃はよく温泉に連れて行ってもらっていたけど、
いつも泊まるのは父の会社の保養施設。
ぶっちゃけて言うと、あまり印象がなかった・・・。
子どもの頃は温泉の良さなんてわからなかったし、思春期には大浴場に行くのが恥ずかしいとかもあってあんまり楽しめなかった気が。
帰りの車の中から見える「有馬グランドホテル」を見て、いつかあんな大きなホテルに泊まってみたいな・・・と思ったことならある。
ってなわけで(?)、今回は新婚旅行の時に泊まった『滝乃家』並みの高級なお宿に泊まりたいと半年前から予約。
すごい楽しみにしてました☆
しかし、病院の日帰り旅行と日程が重なってしまって、休み希望が通らず・・・orz
夜勤明けで行くことに・・・
替わりに1時間年休をもらって、10時あがりのところを9時あがりにさせてもらいました(´ω`*)
関係ないけど、もうすぐ12月なのに年休が34日もあまっているよ・・・(;ω;)

家に帰ってすぐにでも出発したかったんだけど、天気はあいにくの土砂降り。。。。
無理して行って事故っても困るのでと11時前に高速道路使ってのんびり神戸市・有馬へ。
途中の土山のSAでお昼ご飯を・・・と思ったら、すごい人人人・・・(・ω・;)
天むすとか適当に買って車の中でお昼ご飯しました。
これをしなけりゃ良かったかも・・・と後で思った。


私は夜勤明けだったので、車の中でゆっくり寝かせてもらって、有馬に着いたのは14時頃。
「有馬の街は、温泉街だから道狭いよ~~」って言ってたんだけど、
泊まる予定の『中の坊 瑞苑』は有馬の中心街近くにあって、
道が狭くなるギリギリのところに立地してた。
さっそく車預けて、チェックイン。

フロントのところで抹茶とお茶菓子を頂きました('ω'*)
f0108346_10191485.jpg

ちなみに、ここのお宿は12歳以下の子どもはお断りしているようで、とても静か。
今回の機会を逃すと10年以上来られない・・・という理由で選んだりしました。

そして、お部屋へ。
お部屋は「養老」と名付けられた、『中の坊 瑞苑』の中で1室だけある金泉の客室露天風呂付きのお部屋。
人気があるお部屋なので早めに予約しておかないとダメだったりしたのでした。
f0108346_10241621.jpg

広い和室です。
f0108346_10335211.jpg

飾ってあるお花は生花。
f0108346_10342783.jpg

浴衣は2枚ずつあり、ぴったりのサイズのものが置いてありました(・ω・)v
f0108346_10353557.jpg

洗面所。
歴史あるお宿らしいんですが、リニューアルしたばかりとのことでとても綺麗です☆
f0108346_10364764.jpg

トイレも近づくと蓋が開く、新しいもの。
f0108346_10372196.jpg

洗面所の奥に、内風呂。これは普通のユニットバス。
f0108346_10375175.jpg

向かいに、金泉の客室露天風呂。
そんなに大きくないけど、1人で入るなら十分の大きさ。
f0108346_10391681.jpg

夜になると、また素敵な雰囲気に。
f0108346_10395151.jpg

主室の奥のくつろぎスペース。
ここは障子が閉められるので、ここで窓開けて旦那にタバコ吸ってもらいました。
タバコは百害あって一利なしだから止めても良いよ!(`ω´)
f0108346_10412191.jpg

f0108346_10413539.jpg

窓からは、グレース・ケリーが気に入ったというお庭が見られます。
f0108346_10435100.jpg

鏡台。
f0108346_10432770.jpg

女性用アメニティも充実していました。

つづく!
[PR]

by nekonokutusita | 2011-11-26 10:45 | 旅行・遊び | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://chakoneko.exblog.jp/tb/16872858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。